独立開業のための数字①

・テナント&店舗併用住宅の開業・経営知識

PR30代夫婦美容師Littleです
・お客様から質問の多い髪や頭皮のお悩み
・自営業の経営時短術ツール
・お金のことや投資など
経験・体験したことを載せていきます

おしゃれな雑貨や家電
子供用品などを載せたいいものブログは→こちら 

独立したいけど、

「何から準備していいかわからない」

という方多いですよね。

自分も全く分からなかったです、、

独立開業するためには数字はわかっていた方が安心です。

ざっと今の店舗での売上・経費・利益を見ておくと自分が開業するときに参考になります。

①お店の売上 ②経費(家賃、材料費、人件費など) ③利益

美容師さんは売上ばかりに目を向けてしましますが

利益が大切です。利益がなければ潰れます。

利益を見るようにしていきましょう。

社会保険や税金を考えずざっと計算してみます

例) スタッフ3人 月売上180万 経費120万(家賃15材料他30人件費75) 利益60万

このお店だと利益が60万あるのでいい数字だと思います

しかし、社長が技術者ではない場合は社長のお給料もかかりますし、社会保険や税金もかかってくると

微妙な数字になってきます。

自分個人の数字を独立した場合でシミュレーションして

考えてみるのはすごく勉強になりますよ。

忘れがちな税金や融資の返済も考慮すると現実に近くシミュレーションできますよ。

おためしくださいね。

タイトルとURLをコピーしました